不安を解決シリーズ第2弾は、「病院内での携帯電話利用について」にしようと思う。実はあることがキッカケで病院に足を運ぶことになりそうだったので、その際ふと気になり調べるに至った。今回はそんな偶然行き当たった素朴な疑問について書いていこうと思う。

昔から言われている「病院内では携帯電話の電源を切る」というマナーは、もうすでに過去のものとなっていた。実は今の時代では新たに改定されていたのである。

2014年8月19日、電波環境協議会は病院での携帯電話の使用は、場所や使い方によってはOKであるという内容の新しい指針「医療機関における携帯電話等の使用に関する指針」を発表したようだ。これによって、病院内のかなり広いエリアで携帯電話を使用することが可能となった。これには通話を控えたり、電源を切らなくてもOKなども含まれる。

具体的な利用可能エリアは以下のとおりだ。
  • 通話・メール・WEB閲覧
    待合室・ロビー・食堂・廊下・エレベーターホール
  • メール・WEB閲覧
    病室
  • 電源は切らなくてもOKだが使用は控える
    診察室
また、携帯電話の利用禁止エリアも指定されている。
  • 利用禁止
    手術室・集中治療室・検査室
一昔前は前面使用禁止な上、電源もOFFが基本だったことを考えると、かなり使用できる範囲が広がっているといえる。ただし、録音や撮影などはやはりマナー違反のようだ。


病院内での携帯電話利用は、時代が進み技術の進歩により当時は当たり前だったことも、今ではだいぶ仕様が変わっているという典型的な一例だと思う。大事なのはそういった時代の流れにより変化したルールやマナーなどを、広く一般的に伝えることだと私は思う。そうしなければ、人によって当たり前と思っているルールやマナーに差が生じ、トラブルの要因にもなりかねないからだ。

病院で携帯電話を利用する際の常識。今は病院でも電源を切る必要はない!?
医療機関における携帯電話等の使用に関する指針